タバコを1日に1本持っていても害はないと思うなら、あなたは間違っています。

英国の研究者は、1日1回だけ点灯することが、予想されるよりもはるかに高い心臓病と脳卒中のリスクに関連していると言います。

結論:「心血管疾患には安全な喫煙レベルは存在しません」と、ロンドン大学ユニバーシティカレッジのUCL癌研究所のAllan Hacksaw率いるチームは書きました。


「喫煙者は、リスクを大幅に減らすために、必要に応じて適切な禁煙補助具を使用して、削減する代わりに禁煙すべきです」と研究著者らは述べた。

そして、それはいわゆる「軽い」喫煙でさえ重い代償を伴うという若者への警告です、とある専門家は言いました。

ヤングアダルトは「年配の成人よりも喫煙量が少ないことが多い」と、ニューヨーク州グレートネックにあるノースウェルヘルスのタバコ規制センターを指揮するパトリシアフォランは述べています。


「これらの軽い喫煙の若い成人は、しばしば自分自身を喫煙者だとさえ考えない」と彼女は言ったが、彼らはまだ「少量のタバコを吸うことから冠状動脈性心臓病を発症するリスクがある」。

新しい研究のために、Hackshawのチームは141の研究からのデータを見ました。平均的なタバコのパックには20本のタバコが含まれているため、研究者は、1日1本の喫煙者の心臓病や脳卒中のリスクは、1日1本の喫煙者のリスクのわずか5%になると予想しました。

しかし、そうではありませんでした。代わりに、1日にたった1本のタバコを吸った男性は、ヘビースモーカーが持っていた心臓病の増加したオッズの46パーセントと脳卒中のリスクの41パーセントを依然として共有していました。


また、1日に1本のタバコを吸った女性は、1日1回の喫煙者の心臓病リスクの31%、脳卒中リスクの34%の増加を示した、とHackshawのグループは述べています。

研究者が他のいくつかの危険因子を制御する研究に焦点を当てたとき、彼らは1日にたった1本のたばこを吸うだけで女性の心臓病のリスクが2倍以上になることを発見しました。

この研究は1月24日に出版されました BMJ.

「冠状動脈性心臓病と脳卒中のリスクの大部分は、毎日たった数本のタバコを吸うことによるものであることを示しました」と、ハックショーは新聞のニュースリリースで述べました。 「これはおそらく多くの人々にとって驚きです。しかし、低レベルの喫煙に関連する予想外に高いリスクを説明するのに役立つ生物学的メカニズムもあります。」

レイチェル・ボンド博士は、ニューヨーク市のレノックスヒル病院で女性の心臓の健康を管理しています。彼女は「喫煙は安全ではない」と同意した。

彼女は禁煙の努力はうまくいくと言ったが、「本当の成功はタバコへの暴露を完全に回避することである」。


【本気の禁煙】1日に40本の煙草を吸っていた男が30日間禁煙をしたら精神崩壊寸前になった (六月 2021).