心臓病は誰にとっても大きな負担になります。しかし、新たな研究によると、病気の危険にさらされている黒人女性は、白人の女性よりも孤独と金銭的な不安を抱えている傾向があります。

孤独が心臓病やその他の健康上の問題のリスクを高める可能性があるという証拠があるため、それは重要です。

研究著者のカレン・サバンは、国際脳卒中会議のニュースリリースで、「心血管疾患のリスクのある黒人女性は、しばしば孤独の独自の予測因子を持っている」と述べた。


サバンは、イリノイ州メイウッドにあるロヨラ大学看護学部の研究担当副学部長です。火曜日にヒューストンで開催された脳卒中会議で調査結果を発表しました。

この新しい研究には、少なくとも2つの心臓病の危険因子を有する閉経後の黒人女性50人と白人女性49人が含まれていました。女性は、社会的および経済的な幸福の側面を概説するアンケートに回答しました。

サバンのチームは、白人女性と比較して、黒人女性は孤独であると言う可能性が2倍高いことを発見しました。黒人女性は、金銭問題を抱える可能性がほぼ3倍高く、「社会的地位が低い」と感じる可能性も2.5倍高かった。


また、高齢の黒人女性は、他者との社会的つながりが少なく、社会的支援の信頼性が低いと報告していることがわかった。

研究者によると、調査結果は、脆弱な人々の貧困と孤独の影響に対処するための新しい方法につながる可能性があります。

通常、会議で発表された調査結果は、査読済みのジャーナルに掲載されるまで予備的なものと見なされます。


心臓病と運動の深い関係 ー心臓リハビリのすすめー (六月 2021).